貯金するFPの家計簿:保険内容勘違いしていない?







入院した際の高額医療制度

あとで精算されるってことは結構知られてる。

しかし、

病院窓口で一定額までしか支払いをしなくても

大丈夫なルールに変わったことはあまり知られていない。




だから

書面でご説明

口頭でご説明

さらに、身振り手振りでご説明




そのうえで、ご家族様とお手続き。

しかし、

ご本人様はとてもご不安。




何が不安かというと、

退院時にまとまった金額を支払わないとならないと

いう思い込みから、ご説明が頭に入らない。




高額医療制度は理解しているんですけどね。

退院時にお伺いすると、ようやくほっとしたようで。







思い込みって脳みそシャットダウンしちゃうんですよね。

ひょんな方向からポット入ってくるとその思い込みが解けたりしてね。

日常でよくある経験ですよね。




多いのが保険契約。

給付金請求時に”あれっ?”ってなりがち。

よく理解していないまま自分の都合の良いように

思い込んじゃったまま脳みそに保管。




だから、給付金の請求時に????

ってことが起きちゃう。




住宅ローンとかってそういうコトはあまりない。

(弊事務所経験より)




多分、保険って

良く分からないし苦手~~って人が多いからかも。




給付金の請求って

家族に何かあった時に行うもの。

家計が大変になっている可能性が高い。




そんな時に

ありゃ????

って、状態は心にも家計にもダブルのshockだから、

健康なうちに確認しておいたほうがいいよね。




保険証券見ても良く分からない人は

おおきにご相談くださいね。







*********************************************

簿記3級講座2月コース

募集開始しています。

詳細&お申し込みは女性限定簿記3級2月コース

*********************************************

マネー勉強会の参加者も募集中です♪

土曜日午前中の予定(頻度未定)

費用:会場代頭割り実費とコピー代等実費分のみ

会場:江戸川区内(タワーホール船堀等)    

***********************************************
詳細はHPにてご確認ください