【General】カテゴリー記事一覧

新着記事

平成27年1月1日からスタートが決まった相続税の増税ですが現在、相続税を納める人は亡くなった人のうち約4%にすぎません。なので私には関係ないお金持ちの話でしょという方が多いと思います。よほどのお金持ちでないと相続税がかからないのは相続人の人数に応じた基礎控...

がん患者を支援するサイトのご紹介 がんと診断されて先進医療による高度な治療を受けたり、抗がん剤による治療をするとき、また会社を休無ことが必要な時に一番気になるのがお金の問題です。 その問題についての患者さんの不安を少しでも緩和するために、患者さんが利用でき...

生命保険に加入する際、大人の場合は保険料がある程度の金額になるので問題ないのですが、お子様の保険を入ろうとしたときに最低保険料(ひと月に最低この金額の保険料がないと入れませんと保険会社の決めている金額)があります。A社は1500円とかB社は2000円だったり...

少子化、高齢化が叫ばれて久しい。これからの高齢化社会をどう生きていくかという問題はとても崇高なまじめなものに感じます。 どう生きるかという問いには必ず、国民全員が経済的に不安なく悠々自適な人生を送るという前提があるように思われる。 現実には定年後のいわゆる...

私はおかきが好きでいろいろ美味しいおかきを探してみるのが好きです。 自然な材料で無添加無着色の播磨屋のおかきもその一つで自分で食べるだけでなくお客様への手土産に持っていくと喜ばれたものです。お店は少々右寄りの広告が目につく宗教色もある感じがしますが商品は間...

★小児がんの備えとしてがん保険の積極的な活用を 日本人の死亡原因の上位にはがん、心疾患、脳血管疾患等がいつもあがります。これらは20歳以上の成人についてのデータです。 では子供の場合の死亡原因は何がトップでしょうか?日本の未来を担う子供たちにとってはもちろ...

転換契約にはいろいろな方法がありますが定期保険と終身保険のバランスを変えるのもよくある手法になります。 たとえば今まで終身保険(60歳払い込み済み)1000万円に加入していたものを、保険料の安い定期保険1000万円(10年更新型)と終身保険500万円に変え...

◎将来転換で泣きますか? 生命保険は定期的な見直しが必要です。これは貯蓄額や扶養家族の増減などで適正な保障額が変化するからです。見直しには保険を新たに追加する方法や特約で調整する方法があるが「転換契約」もその一つになります。 転換契約とは、これまで入っていた...

★AICS(アミノインデックス・がんリスクスクリーニング)とは★ ◎早期がんもチェック!がんリスク検査「AICS」 血液中のアミノ酸の濃度を判定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検...

★がん治療の基本 がんの標準的な治療方法は「外科療法(手術)」、「放射線治療」、「化学療法(抗がん剤)」の3つに大別されます。がんが比較的早期に見つかり転移もなく、局所のとどまっていれば、ほとんどの場合、まず、手術や放射線治療の局所治療が行われます。 一方で...

人気記事ランキング

  1. 2014年09月17日 FPの真実①(4352)
  2. 2014年09月17日 FPの真実②(3475)