新着記事

先日いつも購読しているブログに面白い記事がありましたのでご紹介します。 ライフセトルメンツについて これはあまり聞き覚えのないものだと思います。なぜならばまだできて数年の市場のものだからです。 どんな市場かというと生命保険を証券化した市場です。 生...

保険は貯蓄も…兼ねません!   最近ご相談やご質問の多い「ユニット・リンク」や「バリブルライフ」 何度も言いますが、これ「保険」です。保険以外の何ものでもありません。「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているものです。ですから、死亡保障の...

先日親族でのがんの入院があり、話に出たがん保険のこと。幸い上皮内癌であったので短期の入院で事なきを得ましたが、給付金ががんの10分の1しか出ないとか普通のがんとどう違うのかと意見交換を様々させていただきました。そんな中でのがんだったら抗がん剤治療が保険会社に...

がんは一生涯のうちに二人に一人がかかる病気と言われています。しかし、早期発見できれば、今やがんは治る病気と言われています。 今回はそんな早期発見に役立つAICS(アミノインデックスがんリスク・スクリーニング検査)をご紹介します。 がんが心配、でも、時間がない...

先日銀行にお勤めの方のコンサルをしていた時の話題です。 地元の銀行にお勤めで資産運用の組み換えで相談に来られました。銀行では次長職にあり、同じ行内で行われている投信窓販、保険窓販に問題意識を持ち考える日々が続いていました。その中で日本の銀行における問題点...

今回は「インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます」というお話です。 ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そうでもありませんよ。 特に老後資金や学資資金(学資保険)に関するご相談やそれに関わる内容のお話も数多く、その都度 「20年〜30...

【会社員 40代前半 女性】 〇現在中学生になる子どもの学資保険についての相談 1)かんぽ生命の学資保険は積立が終わるまでの18年間(子どもが18歳になる時)積立て続けても、なんと元本割れをするというもの。 それでも始めたのは、自分たちに何かあった時は保険料...

激しい販売競争が行われてる医療保険。目新しいものは少なくなりつつも各社新たな特則・特約で保障の充実をアピールして知恵を絞っています。 〇入院日数は60日型が主流 近年の医療保険は、入院日数の短期化に伴い60日型が主流であるが、万が一の長期入院に備えるなら120...

前回の入院事例から医療保険はどうするのがよかったでしょうか? 実際に入院や手術を受けた方々には医療保険はありがたいものになりますが、入院しなければ医療保険は掛け捨て(この言葉は正しくない→加入中は保障があります)になるのでもったいないものと感じるのも事実で...

①急性膵炎で入院したSさんの場合 Sさんは仕事中に急に腹痛を感じ突然吐血。職場から病院へ直行になり診断の結果は急性膵炎で即入院となりました。部屋を選ぶ余裕もなく、病院から個室しか空いていないので、負担も気にしながらとにかく早く治したい気持ちで個室に入院しま...

«Prev1 2 3 4 5Next»

人気記事ランキング

  1. 2014年09月17日 FPの真実①(3874)
  2. 2014年09月17日 FPの真実②(3187)